主な事業一覧

労務指導

労働保険

労働保険とは、労災保険と雇用保険との総称です。保険給付は両保険で別々に行われますが、労働保険料の徴収等については、両保険は労働保険として一体のものとして取り扱われます。
労働保険は、農林水産の事業の一部を除き、労働者を1人でも雇っていれば、その事業主は加入手続を行い、労働保険料を納付しなければならないことになっています。
飯綱町商工会は、労働保険事務組合の認可を得て、事業主に代わって労働保険の加入や保険料の計算・納付手続きなどを行っています。

 

労災保険とは

労働者が業務上の事由又は通勤によって負傷したり、病気に見舞われたり、あるいは不幸にも死亡された場合に被災労働者や遺族を保護するため必要な保険給付を行うものです。また、労働者の社会復帰の促進など、労働者の福祉の増進を図るための事業も行っています。

 

雇用保険とは

労働者が失業した場合及び労働者について雇用の継続が困難となる事由が生じた場合に、労働者の生活及び雇用の安定を図るとともに、再就職を促進するため必要な給付を行うものです。また、失業の予防、雇用構造の改善等を図るための事業も行っています。

 

加入するには

労働保険に加入するには、所轄の労働基準監督署などに「保険関係成立届」を提出し、保険料の申告、納付を行います。
労働保険への加入は、飯綱町商工会(労働保険事務組合)に労働保険事務の処理を委託すると便利です。委託すると、優遇制度(1. 事業主や家族従事者の労災保険への特別加入、2. 労働保険料の分割納付)も受けられますので、、飯綱町商工会(労働保険事務組合)を通じて労働保険へ加入されるようお勧めします。
詳しくは:全国労働保険事務組合連合会

小規模企業共済制度

 

<経営者の退職金制度なら>

小規模企業共済制度 事業主のための国の退職金制度です。掛金月額は、1,000円から70,000円。
経営者が事業をやめたり、役員を退いたときなどに共済金が支払われます。
掛金は全額所得控除、共済金は退職所得扱いとなるなど、税務上のメリットもあります
小規模企業共済制度

中小企業退職金共済制度/特定退職金共済制度

 

<従業員の退職金制度なら>

中小企業退職金共済制度 国の法律で定められた社外積立型の従業員向けの退職金制度です。
掛金月額は5,000円から30,000円。掛金の一部助成制度もあります。
中小企業退職金共済制度
特定退職金共済制度 中小企業退職金共済制度の補完として商工会が実施する、従業員向けの退職金制度です。